こんにちは!

ビジネス瞑想家/アスリートメンターの
本田ゆみです。

今回はコーチングについて
書いてみようと思います。

「人を育てる」という重要な仕事の

スポーツの指導者の方、
会社の管理職の方、

そして親御さん。

あなたが彼らになって欲しいと
願う理想像とは何でしょうか?

おそらく、

●自発的である

●自分の頭で考えられる

●感情が安定している

●自分から行動できる

などということが共通して
あるのではないでしょうか。

そのためにあなたが
心がけていることはありますか?

限られた時間や環境の中で、

自分(指導者)が思い描くようには
なかなか人は動いてはくれません。

そんな時に、思わず感情的に
指示や命令をしてしまったり
自分の考えを押し付けてしまいます。

そのようなやり方では残念ながら、

●自発的である

●自分の頭で考えられる

●感情が安定している

●自分から行動できる

という人は育ちませんよね。

 

まずは指導者自身が
『変わる』ことです。

まずは瞑想を習慣にして、
脳の状態を変えていきましょう。

そして、

「人はそれぞれ違う」という
原則を忘れないこと。

 

その人を「傾聴」し、
「承認」すること。

相手への
「指示」でなく「質問」をする。

その「質問」の仕方を
工夫していくことです。

相手の中から魅力を
どんどん引き出しましょう。

 

これからはその人それぞれに合わせた
コミュニケーションが非常に大切です。

あなたのご活躍を心より
願っています。

それではまた◎

==================

【本田ゆみ公式コンテンツはこちら!】

https://linktr.ee/hondayumi

==================