2021年になり、

去年に続く二度目の緊急事態宣言の発令や
異常寒波からくる数十年ぶりの記録的な豪雪、

内閣府の公式ホームページに記載されている
「ムーンショット計画」などなど

いまだかつて無いほど
私たちは先の読めない不透明な
VUCA時代に生きていますね。

 

そのような不安な時代の真ん中で、

私たちがまずするべきこととは
一体なんでしょうか。

 

【不安な気持ちを和らげるベストな方法とは?】

自然や時代の流れというものは、善悪のない世界ですよね。

あなた次第でどのようにも捉えられる、ということです。

分かってはいるけれど、不安な気持ちはなかなか消えてはくれません。

そんな時、まずは「あること」を習慣にして、
あなた自身の心を和らげてあげましょう。

 

その習慣とはずばり、「瞑想」です!

 

【瞑想をすると脳のバランスが回復する】

脳医科学の分野において
すでに多くのエビデンスにより証明されていますが、

瞑想を習慣にすると

私たちの心や身体の司令塔である「脳」の
血流が活性化し、ホルモンバランスも整う
ということが分かっています。

セロトニンという脳内神経伝達物質が
多く分泌されることで、

「不安や恐怖」の元になっている
ノルアドレナリンの分泌を抑えてくれるのです。

 

ご自身の司令塔である「脳」が整うと、
自然と物事の捉え方が変わりますよね。

そして、限定的に狭くなって
凝り固まっていた思考から

「他の可能性もあるよね!」

「これにチャレンジしてみようか!」

などという瑞々しい思考に
変わっていきます。

【まずは自分の「脳」を変えること】

どんな時代や境遇においても、
まずは自分を変えること。

自分の脳を変えることです。

 

そのための最適なツールとして、

あなたの脳タイプに合わせた
ブレインストレッチ瞑想は

きっと根本から
役立ってくれるはずです。

 

こんな今だからこそ、

瞑想を習慣にして
心と身体をニュートラルにして

柔軟でしなやかに楽しみながら変化し続ける
あなたで在ることを願っています。

それではまた!(^^)

【本田ゆみ公式サイト】
https://linktr.ee/hondayumi